・パラパラのフケ……乾性のフケ(尋常性乾性落屑)

 

 乾性のフケは、頭皮の角化が著しく、乾燥した角質層が正常以上に?がれる現象です。精神的・肉体的過労が重なったり、櫛やブラシなどで無理に取り除いたり、刺激の強いシャンプー剤などを使ったりすると、悪化することがあります。

 

 乾性のフケに対する手当ては、頭皮に含まれている脂質類似の脂を頭皮に補給することです。

 

 脱脂力の強いシャンプー剤の使用や、皮脂を奪う強いアルコールを含んだ刺激の強い育毛剤や整髪剤は、フケを悪化させる要因となることがありますので、避けたほうがよいです。

 

 刺激の少ない保湿力のあるアミノ酸系のシャンプー剤で洗い、その後スキンケアクリームや育毛剤を使用します。暴飲・暴食をつつしみ、便通を整えることも大切です。

 

・ベトベトのフケ……脂性のフケ(尋常性湿性落屑)

 

 脂性のフケは、正常以上に皮脂の分泌が高まって頭皮が脂ぎっている状態です。このような頭皮では、脂腺が大きくなりその機能が高まっています。また同時に汗の分泌も多くなっています。

 

 これは男性ホルモンやビタミンの代謝異常などが関係し、新陳代謝が活発になり、皮脂や角質細胞を作る速度が増し、大量のフケになったためです。皮脂は洗い落とさないでいると過酸化脂質になり、毛穴を塞ふさいで炎症の原因を作り、頭部、顔面などに赤い痒い発ほっ疹しん、すなわち脂漏性湿疹(脂漏性皮膚炎)を生じさせるようになってきます。

 

 脂漏性湿疹は、頭、額の生えぎわなどから始まり、細菌や真菌(カビ)などの影響を受けます。ひどくなると境目のはっきりした斑になり、細かな鱗りん屑せつがたくさんついた湿疹病変が見られるようになります。さらに眉毛、耳の穴、鼻のわき、腋の下、胸の中央、へそのまわり、陰部などにも発生することがあります。

 

 一般的な対策としては、頭皮表在毛細血管の血行をよくしながら、頭皮から過剰な脂を除去するよう心がけることが肝要です。脱脂力の強いシャンプー剤を使用し、ビタミンなどの摂取とともに、ビタミン・などの含まれるトニックなどを塗布します。普通のシャンプー剤で洗っても症状が芳かんばしくない場合は、マラセチアやトリコフィトン・トンズランスという真菌に感染していることがあり、抜け毛に発展することもあります。そういう場合は殺菌力のある薬用シャンプー剤などを試したり、なかなか治らない場合は、皮膚科での治療を受けるようにします。

 

A頭皮の突っ張り

 

 頭皮がパンと張っていてつまめないような状態は、血行不良を起こしやすい状態です。一般に頭皮が硬いと言われる状態で、乾燥や血行不良などにより老化が促進されていたり、紫外線などの影響でコラーゲン(膠こう原げん線維)やエラスチン(弾性線維)の乱れや分解・減少などの変化が起きていたり、乳酸などの老廃物がたまっていることが考えられます。

 

 逆に緩過ぎたり、ブヨブヨ動いたり、押すと凹むような「むくみ」の場合もありますので、頭皮は緩いからとか動くからといって、必ずしもよい状態というものでもありません。適度な張りや弾力を持った状態がよい状態です。

 

 頭蓋骨の頭頂部の一部がこぶのように突起していたり、角張った状態になっていると、頭頂部が薄くなってきます。

 

B頭皮の褐色化

 

 日本人の場合は少し青白い状態が正常です。これは毛根部を、皮膚を通して見ているからこのような色に見えるのです。褐色になったり炎症が起きて赤みをおびている部分は、皮膚の生理機能が低下しているため、頭髪は細くなりやすくなってきます。

 

C反応性充血速度

 

 頭皮を指で強く数秒間押し、指を離してすぐに赤っぽくなれば、血液循環はよいと言えます。白っぽい状態が長く続くようであれば、血液循環はよくないと言えます。

 

D毛穴周辺の異常

 

 毛穴に皮脂が詰まってベタついたり、光っていたり、逆に乾燥してカサカサしたり、艶がない状態は健康な頭皮とは言えません。できればヘアサロンなどでマイクロスコープによるチェックを受けてみましょう。最近はパソコンにつないで自分でチェックできるような、安価なものも市販されていますので、調べてみるとよいでしょう。

 

 毛穴から皮脂の塊が出たり、毛根の周りに皮脂がついているような場合は要注意です。

 

皮脂は自然に調節されている

 

 頭皮は皮脂の分泌が非常に多く、これを皮膚の常在菌のブドウ球菌やイースト菌などの微生物が分解し、水に溶けやすい物質に変え、汗や表皮の水分と一緒になって皮脂膜を作り、皮膚に潤いを与えたり髪の艶をよくしています。しかし適度に洗わなかったり、ホルモンのバランスが崩れたり、健康を害して体調が狂うと、皮脂の分泌が多くなり、これらの微生物や真菌が異常に繁殖し、刺激物質を作り、炎症を起こします。さらに紫外線の影響を受けると皮脂の酸化物である脂肪酸や、過酸化脂質などができ、これらが皮膚を刺激するために、頭が痒くなったり、フケが異常に増えてきます。

 

 皮膚表面の皮脂膜は、完全に取り除いたとしても1時間後に約50%回復し、3〜4時間後には元の状態に戻っていき、一定量になるとその分泌を止めます。このように皮脂は普段は自然にコントロールされています。

 

 分泌される皮脂の量は、脂っこいものや刺激物などの多い食事内容、男性ホルモンやビタミンの不足、睡眠不足、便秘などいろいろな条件によって多くなってきますので、多過ぎでも少な過ぎでもない、常に一定の状態を保つようにしなければなりません。

 

 オイルケアは、過剰な皮脂を「アブラでアブラを取る」という原理を利用して除去することにより、育毛剤の吸収が行われやすくしたり、シャンプーによって失われた脂分を頭皮や毛髪に補給したり、取り過ぎを防ぐという目的を持っています。

 

 肌が食事や環境、シャンプーのやり過ぎなどで乾燥しやすい場合は、皮脂に代わるオイル分を補給しておかないと、雑菌などから肌を護まもる皮脂膜の働きや滑らかさが低下してしまいます。逆に、皮脂が過剰に分泌されている場合は、微生物や空気中の酸素により脂肪酸や過酸化脂質に変化して、微生物の栄養源になり、微生物が異常に繁殖して皮膚にダメージを与えるので、除去しておかなければなりません。